急ぎの分院開設/分院設立と広域医療法人設立代行は柏崎法務事務所へ

FrontPage

無駄な賃料負担を減らす!
大急ぎの分院設立/分院開設/広域医療法人設立なら柏崎法務事務所にご依頼下さい

[check]賃貸契約をもう結んだので診療開始まで無駄に賃料払いたくない。

[check]いつも手続きお願いしている専門家が分院設立に詳しくない。

[check]顧問税理士が確定申告等で忙しく、迅速に動いてくれない。

[check]診療開始日は3ヵ月後と既に決まっている。必ず3ヵ月後に診療開始できるように手続きしてくれる方を探している。

[check]広域医療法人の手続きに詳しい方を探している。

     上記でお悩みではありませんか?

分院開設 分院設立手続きの流れ




ほぼ丸投げで依頼後3営業日で書類作成提出
実際の事例は下記の通り。


【事例1】 一度も会わずメール・FAXだけのやりとりだけで3営業日後に書類提出
埼玉の医療法人運営の内科様で実際に依頼があったのが3月。顧問税理士は忙しく動きが鈍い。賃貸先の物件を既に3月上旬に契約締結。5月から賃料が発生。すくなくとも6月から診療開始したい。迅速に分院設立手続きをしてくれる方を探して当事務所のHPに連絡あり。
メール・FAXだけのやりとりだけで、わずか3営業日後に分院設立認可書類作成書類を提出。

【事例2】 広域医療法人設立も3営業日で書類作成
神奈川の医療法人様で実際に依頼があったのが12月。賃貸先の物件を既に契約締結済み。4月から賃料が発生。すくなくとも5月から診療開始したい。1ヶ月分の賃料が約80万なので、一日も早く分院を設立したい。迅速に分院設立手続きをしてくれる方を探して当事務所のHPに連絡あり。
メール・FAXだけのやりとりだけで、わずか3営業日後に分院設立認可書類作成書類を提出。

全国対応 TEL : 0120-786-879
受付時間:9:00~19:00(土日祝日は除く)
メール相談申込は→お問合せ(24時間OK)
''

行政書士は法律上、守秘義務があるため、お客様の秘密は厳守致します。

【その他分院設立・移転事例 全国対応】

分院開設場所申請までの期間診療科目備考
茨城14日内科更地に新築後に分院申請
愛知9日歯科新築後に分院申請
東京3日心療内科既存クリニックは神奈川。広域医療法人申請。顧問税理士が忙しく動けない3月9日受任12日に申請
横浜8日歯科既存クリニックは東京に2件。広域医療法人申請
神奈川6日皮膚科既存クリニックは同じ神奈川。100m以内にもうひとつ開業
埼玉と東京12日歯科本院1つに分院を埼玉と東京にあわせて3つ申請。
神奈川10日歯科既存クリニックは神奈川に1件。法人化直後に分院申請
長崎9日歯科急ぎで分院申請したい。遠方から依頼


画像の説明


【実際の事例は画像をクリック】

有床診療所の分院設立

画像の説明

≫≫≫≫4102223038≪≪≪≪≪≪


(703) 883-9414

≫≫≫≫3日で書類作成緊急対応事例 医療法人社団渋谷矯正歯科様の事例≪≪≪≪≪≪



画像の説明

≫≫≫≫ (208) 350-2119 ≪≪≪≪≪≪


ルブラン様トップ写真20170907

≫≫≫≫ (219) 290-1358 ≪≪≪≪≪≪


画像の説明
 
≫≫≫≫ (404) 974-9682 ≪≪≪≪≪≪



開業医向けセミナー開催実績多数
画像の説明

■2016年5月29日東京にて講演
■2016年2月11日東京にて講演
■2015年3月21日名古屋セミナールームにて講演
■2015年2月11日横浜にて講演
■2014年12月6日 東京国際フォーラムにて講演 
■2014年8月31日 東京国際フォーラムにて講演 
■2014年6月1日 東京国際フォーラムにて講演 
■2014年2月11日横浜カンファレンスセンター講演
■2013年12月8日 東京国際フォーラムにて講演
■2013年9月23日 東京国際フォーラムにて講演 
■2013年8月3日 東京の幻冬舎本社講演
■2013年5月12日東京国際フォーラムにて講演 
■2013年2月11日東京国際フォーラムにて講演 
■2012年12月8日 東京国際フォーラムにて講演
■2012年5月6日 東京 きゅりあんにて講演


問合わせ・申し込みの流れ

① 30分初回無料相談・お問い合わせ

電話またはお問い合わせフォームにて、まずはお気軽にご相談下さい。当事務所担当者が、ご相談内容・ご状況・ご要望などを詳しくお伺いして対応可能か、可能であればおおよその流れ・費用等をご説明いたします。(初回相談は30分無料です。)

画像の説明

② 必要に応じてご来所いただいてのご面談

上記、問い合わせの結果を受けて面談を行ないます。決算書等御客様資料を拝見してより詳細にご希望内容に対応できるかなどを確認していきます。遠隔地の場合は、電話にて対応いたします。

画像の説明

③ ご契約

面談の結果、ご依頼のお引き受けが可能と判断した場合に、ご契約を締結します。

画像の説明

④ 手続き及びコンサルティング開始

ご契約後、正式に手続き及びコンサルティングを開始します。




大急ぎの方へ
うちは分院設立できるの??最初に何をしたらいいの?
まずは、電話初回無料診断で問題を5分で解決しませんか?

 ●制度の概要をざっくりわかりやすくお伝えします。
 ●分院設立するためにまず最初にすべきことをお伝えします。

全国対応 TEL : 0120-786-879
受付時間:9:00~19:00(土日祝日は除く)
メール相談申込は→4804908662(24時間OK)
''

行政書士は法律上、守秘義務があるため、お客様の秘密は厳守致します。


下記に該当する方は分院設立が特に難化しますのでお早めにご相談ください。

[check]分現在現預金がない、または銀行からの借入が長期化しそう。
[check]既存分院が本院以外に存在する場合
[check]過去に分院を出したことがあるが分院を潰したことがある。
[check]現在の監事・理事・社員がわからない場合
[check]分院設立時に分院長が定まらない場合
[check]MS法人との関連性が強い医療法人の場合
[check]前期決算に貸付金がある。買掛未払が多い等財務的に健全ではない場合
[check]前期債務超過の場合
[check]更地に新築工事をした物件に開業する場合
[check]個人院取り込みの場合
[check]診療開始日まで4ヶ月を切っている。

■よくある相談■
医療法人設立後に即分院を設立予定。本院は歯科、分院は内科。問題ないか?

医療法人設立直後に医療法人運営実績がないにもかかわらず分院を設立できるか?

節税のために理事長社宅があるけど大丈夫?

分院を開設するには3ヶ月以上かかると聞いたけどなんとかならないの?


画像の説明


【お問合せフォーム】















【注意事項】
※ご入力頂いた内容は弊社の厳重な管理の下、細心の注意を払って保管致します。
※ご入力頂いた個人情報は弊社からの情報提供以外の目的では使用致しません。
※フィルタリング機能の強化により、yahoo,msn,infoseek,goo,hotmailなどのフリーメールでのご登録の場合、弊社からのメールが届かないことがあります。フリーメールでなく、固定メールでの登録をおすすめいたします。


大急ぎで分院設立する方法と失敗しない分院設立のポイント解説メルマガ

医療法人設立に比べて分院開設の失敗事例は多分2倍から3倍位の数があるのではと体感として感じています。それは市販の本がないからです。

先生にしっかりとした。判断基準を持っていただきたい。。そのためには、基本事項をざっくり理解して、失敗事例の失敗ポイントを多く理解して頂ければ幸いです。

具体的内容は下記のとおりです。

No.1 ご挨拶
No.2 分院開設、診療所を移転する際の院長先生の頭の中は・・・?
No.3 分院設立と診療所移転までの流れ
No.4 基本事項の総括
No.5 分院開設・診療所移転の失敗例①
No.6 分院開設・診療所移転の失敗例②
No.7 分院開設・診療所移転の失敗例③
No.8 分院開設・診療所移転の失敗例④

画像の説明

3033400504

powered by 438-498-0893 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

262-242-6624  Valid XHTML 1.0 Transitional